初めてのカードローン

私は先日給料前の急な出費で、しばらくのあいだ生活費に困ってしまいました。給料が入ればどうということはなかったのですが、あまりに急でしたしこんな体験初めてでしたのでこのお金のない期間をどうやって過ごしたらいいのかが全く浮かびませんでした。そしてどうしたものかなあとテレビを眺めていると、ちょうど即日融資のカードローンのCMが目に入ってきたのです。瞬時に、私はこれだと思いました。 とはいえ最初は少し抵抗がありました。お金を借りるというと、ドラマなどでよく見る怖い取立てのイメージもありましたし、そもそもすぐに必要な分のお金を借りることができるのかも不安でした。しかし何もしないよりはましだと、私はカードローンに申し込むことにきめたのです。 申し込みはネットからもできるというのでまず一安心しました。そしてすすめていくとなんと審査までネットでできるとのことで、こんなに手軽にできてしまうものなのかと驚いたことを覚えています。そして審査もすぐに享ことができさらに即日融資まで受けることができました。確認して本当にお金が振込まれていた時には思わず感動しましたね。 このように私の初めてのカードローンはとても満足のいくものでした。ただあまりにも簡単すぎるので、借りすぎなどには十分注意しようと思っています。

受験とカードローン

私は、高校卒業してすぐに社会人になりました。今時は大学に通うのが当たり前だし、私の時代もそうでしたが、大学そのものに魅力が感じられなかったのです。大学に通うと言う事は、何か専門的な学問を学び、その知識を社会に貢献するものだと思っていたのですが、周りは遊ぶ事ばかりを考えている人が多かったので、それなら就職したほうが金も稼げるし良いなと思ったのです。 もう10年も前の話でして、若気の至りってやつですかね。でも、後悔はしていませんでした。 卒業してから2年が経ち、私は二十歳になります。職場での環境や仕事の内容にも慣れ、今思えば、自分で言うのも何ですが立派に働いていたかと思います。 そんな中、ある1冊の本に出会います。 その本は、私の今までの物の考え方を丸っきり変えてしまうほどの素晴らしい本でした。大変な感銘を受けた私は、インターネットでその本の著者を検索してみることにしました。 すると、家から1時間ほどの場所にある大学で、客員教授を務めていらっしゃる事がわかりました。 この大学で学びたい、と思ってからの私は行動が早かった。すぐに受験用の参考書を買い、勉強に励みました。因みに、その方は社会人コースという夜間の部でも講義をしてらっしゃったのでそちらを目指しました。 学費については、貯金があったのですが少しばかり足らなかったのでカードローンを使うことにしました。返済も問題なく出来ました。 そして私は無事に合格し、その大学も無事卒業出来ました。 あのとき、カードローンでお金が借りられて、本当に有りがたかったです。

私がカードローンを借りる基準

カードローンはお金に困っていて、どうしても必要な場合に使いたい最終手段です。 ATMなどで気軽に借りられ、アルバイトやパートなどの定職を持たない場合でも、一定の定期収入があれば借りられるというのも嬉しい点です。 カードローンにも色々あって、スピード審査のプロミスや信用度の高い銀行カードローンなど目的に合わせて使う事が大切です。 私がカードローンを使用する時が来た場合は、銀行系のカードローンを利用したいと思います。 理由として、オリックスや三菱UFJなど名前の知れた大手銀行の方が信頼感がありますし、限度額が高く金利が低いので、キチンと返済をしていれば、いきなりイチャモンを付けられる事はないと思ったからです。 審査は厳しいですが、それだけちゃんとした審査基準があり、不明確な箇所が少ないという点も評価できる点だと思います。 逆に利用したくないのは即日融資のカードローンなど、ネット申込が完了し、すぐにカードが送られてくるというものです。 体験した事ないのであくまで想像なのですが、審査が甘いところは、いきなり金利が高くなりそうで怖いので利用は控えたいと思います。 しかし、カードローンは便利ではありますが、最終手段としての利用にとどめておきたいです。 一度お金を借りるとその便利さから何回も使ってしまいそうな感じがするので、お金を借りる時は返済の計画も考えて借りたいなと思います。